私たちについて/About us

団体名:HOPENECT(ホープネクト)

所在地:〒146-0095 東京都大田区多摩川2-24-26

設立:2021年9月1日

代表:丹羽亜希子

HOPENECTは外国ルーツの子どもたちが安心し、未来を切り拓く力をつけることを目的に、学校生活に必要なサポートを提供します。「様々な人の希望をつなぐ」という想いを込めて「HOPENECT」と名づけ、まずは任意団体として立ち上げました。

現在、大田区の国際交流団体の認定を受け、外国ルーツの子どもたちが多く住む蒲田エリアから日本語教室を開講しています。

ミッション/Mission

外国ルーツの子どもたちに安心と未来を 

Safe and secure future for children who are related to foreign countries

ビジョン/Vision

多様性によって社会を強く、魅力的に発展させて行く

Make society stronger and develop attractive society by diversity

代表プロフィール/Profile

アメリカ生まれのシンガポール育ち。小学校から大学まで千葉で過ごす。

大学では国際関係思想と日本語教授法を専攻し、その後専門学校で文化庁認定の日本語教師養成講座(420時間)を修了。オーストラリアと日本で、子どもから大人まで日本語を教える。

子育ての傍ら、大学院(MBAスクール)に通学し、2022年3月に卒業。外国ルーツの子どもたちの課題をビジネスで解決することを目指し、外国ルーツの親子の支援事業を展開。2022年度大田区多文化共生推進協議会委員。文化庁事業子ども向け日本語教育研修生。

代表メッセージ/Message

私はアメリカで生まれ幼少期をシンガポールで過ごしました。帰国後子どもながらに「普通とは違うんだ」と小さな疎外感を感じました。その後大学では国際関係思想と日本語教授法を学び、卒業後のカナダ留学やオーストラリア滞在で「多文化共生主義」に出会い、「違うことが当たり前」の文化に居心地の良さを感じました。

再度帰国し知った外国ルーツの子どもたちの実態。現在、全国で5万人もの子どもたちが学校生活に困り、特別な支援を必要としています。彼らは、支援が行き届かないがゆえに、私が感じた以上の大きな疎外感を持っています。そんな子どもたちに寄り添い、安心と未来を提供するために、私はHOPENECTを立ち上げました。全国の外国ルーツの子どもたちを支援した先には「違うからこそ新しいものが生まれる」イノベーティブな社会があるはずです。

HOPENECTはまだ生まれたばかりの小さな団体です。既に多くの方に支えられていますが、少しでも共感してくださった方は、是非HOPENECTerになってください。

メンバー紹介/Member

仲田祐一郎

こんにちは、HOPENECTに名古屋から支援させて頂いている仲田祐一郎です。日本語支援の必要な子どもたちは私の身近にも多く見られます。そのため、私はすべての子どもたちが一定の条件を満たしたうえで平等に学びを得られるよう、日本語支援は今後ますます重要になると考えてます。私のHOPENECTで行っていることは間接的な支援ですが、HOPENECTの活動により、子どもたちがより面白く学べるようになれるよう取り組んでいます。

*HOPENECTerとは:HOPENECTのミッションビジョンに共感し、活動のサポーターで、日本語教師、事務局、寄付者などのご支援・ご協力をしてくださる方々です。